解体工事費用の相場

家屋や建物の解体工事費用の相場とは、解体工事にかかる複雑な計算を分かりやすくするために「坪単価○○万円」という表現しています。相場という表現は、あくまで解体工事費用を比較する目安の金額を『家屋の種類×坪数』で表しています。

一般的な解体費用の相場とは、黄色下線家屋(建物)のみの解体費用になり、外構や庭木、カーポートなどの撤去費用が含まれない場合が多くあり、解体工事費用の総額ではありません。消費税の有無もあり、実際の解体工事にかかる金額と異なるため、相場は解体業者を選ぶ際の一つの目安としてご活用ください。

そのため、『相場』として表す数字は、解体業者毎によって様々です。相場の費用として、建物の解体費用だけの場合や処分費・事務処理費などは含まない費用で坪単価を表している場合もあります。WEBサイトに記載されている相場の金額だけで解体業者を選ぶより、現地調査した上での解体工事の見積金額で比較、検討しましょう。実際に家屋解体工事を行うための総費用は

  • 養生費
  • 家屋本体の解体工事費(躯体・基礎・内部等)
  • 付帯工事費(塀・門扉・樹木・庭石撤去等)
  • 廃棄物処分費
  • 重機回送費
  • 事務処理費

など、様々な工事項目を合わせた費用が解体工事の総費用となります。『相場=実際の解体費用』でない事をご理解ください。

解体工事費用で大損しないために、一般的な家屋解体費用の相場は以下になります。

(今すぐ、あなたの家の解体費用を知りたい方は、こちらからお申込みください! )

一般的な家屋解体費用の相場とは?

  • 木造家屋解体相場 2.5万円~6.0万円×延床坪数+その他工事費用
  • 鉄骨家屋解体相場 3.0万円~6.5万円×延床坪数+その他工事費用
  • RC家屋解体相場 3.5万円~7.0万円×延床坪数+その他工事費用
  • あなたの家の解体費用を教えます。
souba_goukei

坪数×相場の費用は、あくまでも家屋のみの解体費用です。解体費用の相場に坪数をかけても、実際の解体業者からの見積費用と大幅な差異となる場合があります。

※上記の相場は、解体する家屋の近隣道路の使用に問題がなく、重機での工事が可能な場合の相場になります。もし、都市部の住宅地の場合、小さなトラックでしか運搬できない、重機が使えず手壊しとなるケースでは、解体工事費用は相場の2倍以上になる場合もあります。また、地域によっては処分費用が異なるため、解体費用の相場にも差が出てきます。

解体業者が「解体費用はいくらぐらい」に答えない理由とは?

よくある質問ですが、「解体費用がいくらぐらいか?」「だいたいの解体費用を教えて欲しい」に答えない理由は、お客様に『解体費用が大幅に増えた』という印象を与えたくないからです。

実は解体費用の見積は、『安く』見せる事ができます。例えば、『坪数×相場』として、30坪×木造家屋相場3万円で90万円ぐらいとしても、その他工事で20万円以上かかる場合が多いです。そのため、お客様によっては「20万円も増えた」「かなり高くなった」という印象を受け、トラブルやクレームを受ける事もあるため、「解体費用はいくらぐらい」という質問には答えないのです。

場合によっては、解体費用の相場の計算より2倍以上になるケースもあります。その解体費用が高額になるケースを紹介します。

解体費用が高額になるケースとは?

  • 住宅密集地でしっかりした養生費が必要
  • ベタ基礎、深基礎など基礎撤去の費用がかかる
  • 庭に樹木、庭石などが多くある
  • 残土処分に費用がかかる
  • 地中埋設物がある

などの要件によって解体費用は変わります。あなたのお住まいの地域で家屋や建物の取り壊す解体費用の相場を知る為に複数の解体業者から見積りを貰い、下記の内容を比べてみて、実際の解体費用はいくらかかるか判断しましょう。解体工事費用で大損しないために、必ず家屋解体工事費用の相場や工事費用の算出方法について知りましょう。

資料請求・無料見積はコチラ

家屋(建物)の解体費用の算出方法とは?

実際の家屋解体工事費用は、様々な要件により算出しています。家屋の解体の他に、塀、土間、カーポート、庭木、庭石撤去など、付帯設備にも工事費用が掛かります。以下に工事費用を算出する項目を説明しています。

家屋の構造、大きさ・広さ、場所によって費用は決まる

木造家屋は鉄筋に比べて解体工事がしやすく、重機の使用も変わるので費用が安くなります。しかし、鉄筋やRC家屋については廃棄物の中から資材をリサイクルできる場合もあります。その際は産業廃棄物の量が少なくなり、処分費用が安くなります。家屋の場所によっては、重機の使用ができず、人力での作業となる場合は費用が割高になります。

解体工事を行う作業人数

解体工事にかかる人件費は費用に大きくかかわってきます。解体するための人数だけでなく、立地や道路の状況で交通整理の人員が必要になる場合もあります。どのように工事して、どのくらいの人員が必要になるかで費用は変わります。

工事車両の駐車スペースの有無

工事車両の駐車スペースが確保できない際は、別途、有料での駐車場の確保も必要です。駐車場の費用は解体費用に加算されます。※都市部の相場が高い理由として、駐車場の確保で費用がかかる場合があります。

家屋の大きさや近隣との距離で養生や足場設置が変わる

解体工事は近隣の家屋へ解体した破片・ほこり・ごみの拡散を防ぐため、防音対策ために養生設置を行います。家屋が大きいと養生を設置する大きさが増えるため、費用がかかります。※近隣トラブルを防ぐために防音対策を施すと、さらに費用が割高になります。特に都市部の住宅密集地の場合、養生や足場設置、騒音・振動対策などコストがかかるために相場が高くなります。

屋内の廃棄物(残地物)の量

基本的に屋内の家具などの残地物は依頼主側での処分を行います。解体工事と合わせて、処分を依頼すると費用が加算されます。処分を解体業者へすべて依頼した場合は、一般の家庭用ごみの処分より少し高めの産業廃棄物の処分として廃棄するために費用は割高になります。地域により廃棄物処分にかかる相場が違う為に、地域ごとでの相場が変わる要因になります。

家屋以外の解体工事有無

塀や土間、駐車場(カーポート)、樹木、庭石などの撤去も必要な場合、解体する費用が加算されます。家屋(住宅)だけでなく、その他、解体希望箇所がある場合は、見積りの際に解体業者へお伝えください。

土中のゴミの処分について(地中障害物・地中埋蔵物)

井戸や浄化槽など地中障害物・地中埋蔵物と言われる解体対象物が発見される場合があります。見積後に発見された場合は追加で解体・処分費用がかかります。

もし、事前に地中に解体物がある場合はお知らせください。解体物が分からなかった場合でも処分は依頼主が行わなければいけません。その処分については、解体業者と協議の上、決定します。

家屋の解体工事は『坪数×相場』以上の費用が必ずかかります

家屋の解体費用の相場でよくある間違いは、『相場×坪数』で予算を考えてしまうことです。実際に解体工事を行うための総額はもっとかかります。

なぜなら、家屋の解体費用は上記のような様々な条件で費用が決まります。あなたの家屋の解体費用の相場がいくらなのかを家屋の構造と坪数だけで判断するのは、非常に難しい質問です。 あなたの家屋の解体費用の相場を調べる方法の一つとして、同条件で複数の解体業者から見積りをとる方法があります。3社程度から見積もりを取り、比較することで費用の相場を知ることができます。

当サイトを利用するとカンタンに複数社の見積りを取る事ができます。(今すぐ一括見積・資料請求を依頼したい方はコチラへ)

※見積書の内容が分かりにくい、見積書を見ても、どの解体業者がいいのか分からないとお困りの方へ、見積書を比較する際のアドバイスも行いますので、お気軽にご相談ください。


相場をもっと詳しく知る為に、以下のページもご覧ください。

解体費用を10万円以上安くするために知っておくべき13のこと(無料メルマガ)
このメルマガは毎週、解体工事の費用や相場、見積り、業者選び、工事概要について、あなたの知りたい情報を発信しております。これを読むだけでも解体費用についての概要が分かりますので、是非、ご登録ください。(無料配信)

見積依頼をして、「工事依頼をしない2社へ断りの連絡をするのが心苦しい・・・」という方は、ぜひ、家屋解体見積.comをご利用ください。 無料で見積もり依頼ができ、当サイトがあなたに代わって、お断りの連絡を解体業者へ連絡をいたします。 もちろん、条件が合わなければ全解体業者を断っても問題ありません。

また、当サイトを通して、見積りに関して相談していただくことも可能です。 わからないことがあれば、まず解体業者に対して「なぜ、この金額なのか」を訊ねてみてもよいでしょう。 親切な解体業者であれば、きっと丁寧に教えてくれるはずです。解体工事を必要としている方へ、安心して工事依頼ができるようにサポートするのが当社の目的です。

まずはお気軽に無料資料請求からどうぞ。

資料請求・無料見積はコチラ

お急ぎの方は電話でも受け付けております。「0120-947-504」(9:00-17:00 土日・祝日休み)にお電話ください。 (スマートフォンでアクセスの方は番号をクリックするだけで電話できます)