解体工事前の残地物(家庭ごみ)の処分はどうすればいいの?

家屋の解体工事を行う際は、家の中にある家財はすべて撤去しなければなりません。なぜなら解体工事を行う際には、建物それぞれの部材に分けてから、廃棄物として処分場へ運搬します。その中に家財や家庭用のゴミが混ざると、分別することが困難になることやごみの処分場で受け入れしてもらえなくなります。そのため、解体工事前に家の中の家財・家庭ごみなどの残置物をすべて撤去しなければならないのです。

解体業者へ残地物の処分を依頼した場合は片付けの費用が追加されるため、解体費用の総額が高額になる場合もあります。ここでは、解体工事費用の負担を軽くできるように、解体工事前のごみの処分方法についても説明します。

経験豊富な解体専門業者へのご相談はコチラ。(今すぐ見積りやご相談を依頼したい方はコチラへ)

なぜ、解体業者が残置物を片付けられないのか

解体業者が解体後のゴミの収集・運搬・処分を行うために取得している許可は、『産業廃棄物処分業』になります。家庭ごみなどの収集・運搬・処分は一般廃棄物処分業になるため、許可を取っていない業者は対応できません。しかし、木製の家具などを産業廃棄物扱いで処理する場合、有料となるため、残置物の処分代が加算されます。 その費用は、普段使っている自治体のごみ処分に比べて、かなり高額になるため、出来るだけ自治体のごみ処分を使うようにオススメしています。理由があって、解体業者へ依頼する場合は、追加費用がかかることを心掛けてください。

残地物を安く片づける方法とは?

出来るだけ自治体のゴミ収集を使う

各自治体ごとに粗大ごみの処分料金は違いますが、1つ500円~1000円、高くても3000円以内に収まる場合がほとんどです。不用品回収業者へ依頼すると、1つ1000円~5000円の回収費用と別途出張費が3000円~5000円がかかるため、自治体のゴミ処分費用と比べて高額になります。そのため。解体工事までに自治体のごみ収集に出すことが良いでしょう。解体工事を検討し始めたら、家財の処分に費用をかけないために出来るだけ、自治体のゴミ収集を使いましょう。

ゴミ袋の費用を抑えるために、再利用可能な資源は公共施設やスーパーなどが自主的に行う資源回収を活用することも残地物を片付ける方法です。

東京都練馬区の可燃ごみ・不燃ごみの例
東京都練馬区の可燃ごみ・不燃ごみの出し方の例です。こちらを参考に適切なごみの処分を行いましょう。 東京都練馬区の可燃ごみ

※各自治体によって、ごみの出し方が変わる場合があります。ごみの処分前に自治体のホームページで確認してください。

家財を友人・知人に譲る

家財を捨てるのではなく、再利用してもらうために友人・知人に譲るのも良いでしょう。必要な人に使ってもらえれば、お互いに得です。使えそうなものは、まず必要な人がいないか聞いてみるのが良いでしょう。家の前でガレージセールを行うもの良いです。

リサイクルショップに引き取ってもらう

家財でも使えそうなものは、リサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります。値段は安くなるかもしれませんが、処分に手間がかかりません。リサイクルショップによっては、残置物の引き取りを安く行うところもありますので、併せて、見積りを取ってみて、解体業者との費用の比較をするのも良いでしょう。

ネットで売る

出来るだけ、現金化したい方は、個人でネットのオークションサイトを使って販売するのが良いです。手間や時間はかかりますが、リサイクルショップより高値で販売することができます。時間と手間はかかりますが、解体費用に少しでも足しになるようにフリマアプリなどネットオークションを使うのも良いでしょう。

メルカリを使う ラクマを使う

残地物の処分の義務は依頼主にあります

家を解体する際の残地物の処分の義務は依頼主にあります。残置物が残ったままでは解体工事が進まず、新築への建て替えや土地の売却もできません。解体工事を考え始めたら、まずは、少しづつでも不用品の処分を始めていきましょう。

経験豊富な解体専門業者への今すぐ見積りやご相談を依頼したい方はコチラへ

解体工事費用について、もっと詳しく知る為に以下のページもご覧ください。


解体費用を10万円以上安くするために知っておくべき13のこと(無料メルマガ)
このメルマガは毎週、解体工事の費用や相場、見積り、業者選び、工事概要について、あなたの知りたい情報を発信しております。これを読むだけでも解体費用についての概要が分かりますので、是非、ご登録ください。(無料配信)


家屋解体見積<前へ - 次へ>内訳


見積依頼をして、「採用しなかった2社を断るのが心苦しい・・・」という方は、ぜひ、家屋解体見積.comをご利用ください。 無料で見積もり依頼ができ、お断りの際も、当サイトがあなたに代わって解体業者へ連絡をいたします。 もちろん、条件が合わなければ全業者を断っても問題ありません。

また、当サイトを通して、見積りに関して相談していただくことも可能です。 わからないことがあれば、まず解体業者に対して「なぜ、この金額なのか」を訊ねてみてもよいでしょう。 親切な解体業者であれば、きっと丁寧に教えてくれるはずです。

まずはお気軽に無料資料請求からどうぞ。

資料請求・無料見積はコチラ

お急ぎの方は電話でも受け付けております。「0120-947-504」(9:00-17:00 土日・祝日休み)にお電話ください。 (スマートフォンでアクセスの方は番号をクリックするだけで電話できます)